読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

「月のもの」って

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000235j:plain:left生理をわざわざ「月のもの」と言うのって「例のブツ」みたいな、スパイのように秘密めいた感じを持つのは私だけだろうか?いつから言われてんだろ、月のもの…なんて考えているうちに、今月も無事に生理到来。具合が悪かった頃と比べると、出血の量や状態が全く違う。レバーのような固まりがいっさい出てこないし、血の色も変に黒ずんでいない。何といってもめちゃくちゃ吐いて下腹部の激痛に耐えていた生理痛が全くといっていい程ない。これが正常なんだろうか。
前回の診察で大量にもらった炎症止めの薬が終了。とはいうものの、生理前にもまだ炎症が原因っぽいおりものが出てたんだよなぁ。今は生理の出血でわからないけど、治ってるんかしら?