読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

1周年の記念日。

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000259j:plain:leftカラダの様子が余りにもおかしいと思い、重い重い腰を上げてからちょうど1年が過ぎました。がんと聞かされた時はかなりのショックでしたが、治療を始めてみると、失礼ながら入院されている他の方と比べて症状がとても軽度なのだとわかり、こんなもんで愚痴ってみたり、人生終わった気になってはイカンなと思いました。と共に、自分ががむしゃらに仕事をしている以上にカラダは24時間労働しているので、労ってやらんといかんなぁと。今日は苦くて重い気持ちを思い出す、とても感慨深い1日です。そうして病院で片っ端からもらってきた資料をイロイロと読み返しています。
これからも毎月の診察は続きますよ。