読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

変わってた

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000322j:plain:leftいつもの先生といつもの感じでサクサク喋ってハイ終了…のいつもの定期検診のはずでした。が、今年度の人事異動に伴って、今まで担当してもらってた先生がハイグレード昇格をして業務が引き継がれたらしく、私が病院に行っていないこの3ヶ月の間になんと担当医が変わってた( ̄Д ̄;)マジデスカ?! 入院仲間の人は以前に担当医が変わったと話を聞いたこともあったけど、私は今回がお初。今までの先生とおつきあいが無くなるのは何となく寂しい反面、素っ気ない診察とおさらばと思ったりして、ちょっぴりワクワクと緊張感が入り乱れです。とはいっても診察内容が変わることはないので、会話は至って今までどおり。直近の生理日を確認して、細胞診やって、触診やって、超音波の映像撮って、軽く状況確認なんかをしたらハイおしまい。問題ないからまた3ヶ月後ね〜と言われて帰りに採血取ったら今回も検診完了ですよ。前の先生と違って穏やかに落ち着いて話ができた気がするw
担当医が変わったのも驚きでしたが、今回は診察費も大幅ダウン!!なんとほぼ半額!!前回と同じ内容なのに何で?診療費の設定方法が変わった?それとも前の先生がちょっとエラい人だったから特別料金だったとか?それともぼったくってた?嬉しいことだけど謎は深まります。