読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

「普通」って何さ。

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000334j:plain:leftあと2日で術後丸4年を迎える前に、行ってきました定期検診。内容はいつも通りの内心と血液検査。前回の血液検査の内容を聞いて、いつまでたっても慣れない内診を受けて、最近どお?なんて話をしながら進みます。
「生理はちゃんと来てる?」
「いたって順調です♪生理痛もないですよ。」
「出血量も普通?」
「はい…そうだと思うんですけど…」
「?」
「普通ってどれくらいが普通なんですかねぇ???」
先生は「そうやな〜」と苦笑い。そうやろうなー。私も普通?って聞かれても、今まで自分基準で普通って言ってたしなぁ。とはいえ、何ml出血するのが普通ですって言われた所で、毎月生理でトイレに入る度に計ってるわけではないので判断に困るけど(-д-)そんな自分の姿を想像したら、ちょっとハマってうけてしまった(笑)。まあそんなことはさておいて、先生からは出血が1日2日程度の超短期間だったり、1週間以上の大量出血でなければ良いんで…と濁された。ま、そうだろなという回答。
これに限らずだけれど、「めっちゃ普通です」って言っても他人から見たら普通じゃないかもしれない…と思うことは山盛りある。難しいぜ「普通」って。