読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

今年も頑張ります。

今年も元気に新年を迎えられていることに感無量です。
昨年末から思い出したように急展開を見せている妊活ですが、この場でイイご報告ができると良いなと思っております。ま、簡単なことではないので、焦らず気長にいこうと思います。
子宮頸がんの方も、半年置きとはいえ経過観察続行中ですので何だか忙しい1年になりそうです。

ちょっとイロイロ整理中ですので

ここ最近も病院通いをしておりまして、記事の追加をしようかと思っている所ですが、ついでにリニューアルもしてやろうと思います。といってもはてなダイアリーからはてなブログへの移行です。
ちょっとずつ直していきますので、しばらくの間お見苦しい所が多々ありますが、ご了承くださいませ(・◇・)

何となく予想はしていたが

f:id:setoyuki62:20131212000346j:plain:left半年ぶりの検診です。半年前の検診のお話をアップしていませんが、半年ぶりの検診ですε-(/・ω・)/ なぜ記事を書いていなかったって?記事を更新しないほど、元気に駆け回っていたということですwww まぁそんな感じでイイじゃないですか。
これだけ検診の間が空くと毎回感じるのは、行くたびに病院内の様子が変わっていることったら…しかも、年度をまたいでいたものだから、やっぱり担当の先生が変わってた〜〜〜〜〜(ノ゚ー゚)ノ先生って大変だなぁ。そんなコトを思いながら、診察では新しい先生と初めましてのご挨拶。引き継ぎで聞いている内容を確認しながらの復習。改めてイチから病気のこと治療のことを言われると、あぁ、やっぱり私は大変な病気だったと実感したりもする。そして、広汎子宮頸部摘出術という機能温存手術が未だに症例が多くはなく、6年前ならなおさらレアケースじゃないかというお話を聞いて、よくそんな治療で無事に今まで過ごしてきたなと病院へ改めて感謝してみたり自分の悪運の強さに感動してみたり。
今回の診察でも、基本問題なし。ありがたい。でも気になったのは、内診で子宮筋腫があると言われたこと。今までそんな話聞いてないし(゚^ ゚ ;)最近できた?実は今まであったけど言わなかった?って思いっきり先生に問いつめたけど「まぁ、全く影響出るほどではないから」と軽くスルーされた。確かに女性の多くは大なり小なり子宮筋腫を持っている人が多いし悪影響に至るまではなかなかとは聞くものの、実際に私の母が子宮筋腫を患って手術で子宮摘出してるわけだし、正直気になりますー。
あっちが良くなれば、こっちに気になる所があり、歳をとるほど健康面でボヤボヤできないなと痛感するアラフォーな私。

暑中お見舞い申し上げます。

f:id:setoyuki62:20131212002248j:plain:left今年の夏も一段と暑く、平熱の体温以上の気温を記録している地域続出( ̄ロ ̄lll)がんと戦っているみなさんにとっては、この暑さに苦労されている方も多いかもしれませんね。私の体験の中では、入院時は余り問題はないけれど、食堂が南向きで空調が追いつかないほど恐ろしく暑い空間になっていたり、洋服の下で術後の傷がムレムレのカイカイだった記憶が蘇ります。おかげさまで、今では傷跡も半分ほど目立たなくなるまでになりました。とはいえ、5年かかりました。長いですね、やっぱり。
まだまだ猛暑が続くようですが、どんな方にとっても、少しでも楽しいと思える時間が多い夏になりますように。

またひとつ、前進だぜぇ。

f:id:setoyuki62:20131212000345j:plain:left先週のCT映像を見てきました。毎回これはホントに面白い。イロイロ細かい所やしょーもない内容の質問にも快く解説をいただきまして、毎回出てくるナゾの甲状腺の影はあるものの、がんの要素ではないらしいので(ホントかなぁ…)、結論としては、シロ。無事に丸5年過ぎたことが立証できました(≧▽≦)バンザーイ!! 目安として5年以内にがんの要素が見受けられなければ、再発もないという見解が強まるので、まぁ、なんとかひと区切りでしょうか。とはいえ、まだまだ通院は続きますよ。今までから更に通院のスパンは広がって楽にはなりますけどね。まずは、ひと安心ということで♪
それにしても今日の採血で、自分の低血圧さ加減にまいってしまった。小さな試験管1本になかなか必要量が入らない…。過去、入院時の早朝採血の時にも同じようなことがあった。看護師さんが一生懸命腕周りをもんでくれたり、私自身も手をグーパーするのだが、まるで点滴かと突っ込みを入れたくなるほどポツ…ポツ…としか、血液が入ってくれない。久々に時間のかかる採血で、ちと疲れましたよ(-д-)ちなみに私の血圧は上が90で下が60くらい。今までこれ以上にも以下もないので、自分の中では普通なんだけどなぁ。

かゆい所に手が届かない

f:id:setoyuki62:20131212000344j:plain:left気がつけば、数ヶ月ぶりのご無沙汰です。記事を更新していない間に、イヤなくらいの大寒波や東日本大震災から丸1年が過ぎ、華やかに桜が花開いてあっという間に散っていき、ゴールデンな連休も既に記憶の彼方に行きそうな…。それなりに過ごしていましたが、皆さんはいかがな日々だったでしょうか。おかげさまでそんな中、子宮頸がんの発覚・治療より丸5年が過ぎました(≧▽≦)ヤター
こうして気楽に過ごせているのは、治療してくださった病院の先生はじめ、身近で支えてくれている家族や友人、がん友さんに、こうしてこのブログを見ていただいている皆さんのおかげです。心の底から感謝。あいにく数多くのボキャブラリーを持ち合わせていないので、うまく表現できませんが、本当に、感謝。
そして、今日は6年目突入記念のPET-CTに挑むの巻。数回も経験すると、どことなく慣れた感が出てきて段取りも把握しているのでよりスムーズ。とはいえ、いざPET-CTの機械に乗っけられると、何となく緊張感は出るものです。これから狭いトンネルの中に入っていくんだぞ〜と、台の上に固定されるからでしょうか。ベルトで閉められて「動かないで」と言われてしまうと、どこか動きたくなってしまうのは私だけ?今日も固定されてから頭のてっぺんが何やらムズムズ…ちょちょっと撫でればそんなかゆみもおさまるのだろうけど、バンザイの状態で固定されればどうにもならず(-д-)余計に気になってかゆみは増すばかり…。どさくさに紛れて何とかできないかと抵抗してみるが、やっぱりムリ〜( >_<) 仕方がないので、眠気に委ねてやり過ごす。

過剰に心配しすぎました。

f:id:setoyuki62:20131212000343j:plain:left寒い日が続きますねー。今日1日で何回寒いって言ったかわからないくらい寒いです。が、そんな日でも行かなきゃいけないトコがある!!というわけで、今年お初の定期検診に行ってまいりました。
前回の診察で、頸部のとじ口が微妙かも…なんて話を聞いたものだから、それ以来、気になりっぱなしの3ヶ月。確かに女子ウイークの出血ピークのタイミングが今までとズレてきているし、そう言われれば…というレベルだけれども、生理痛が復活しつつある。自意識過剰というか、思い込みのせいなのか、考えれば考えるほど痛くなる気がする。という話をしながら何年か前の時みたいに切っちゃう???どうする???といったことを冷静に質問しながらも、心の底ではハラハラドキドキものである。そんな気持ちを察することなく「まぁ手術の影響で、しょうがないかなー」ですって(-д-)そんなもんで一蹴されてしまったので、拍子抜け。痛い思いをしなくてすんだのでホッとしましたが。
それにしても今の担当の先生は、若いくせにトークがおじいちゃんくさいwww。内診の時も、カーテン越しに「どっこいしょ」「よっこいしょ」って言う声が聞こえるよ。大丈夫かいな。面白いけど。そんな風に先生を少し小馬鹿にしてしまったことに罰が当たったのか、診察台のメカ椅子に前を隠すタオルが挟まってしまい、看護師さんに助けを求めるおバカな事件が発生。もうすぐ丸5年にもなってこんなことがあるのかと、ちょっぴり恥ずかしくなってしまった。