読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

イイ感じで快復中

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000241j:plain:left退院後3回目の定期検診です。3回目ということは、あの手術からもう3ヵ月が過ぎようとしているわけですよ。月日が過ぎるのはとてもあっという間に感じます。
今回の検診内容は前回同様内診と採血。担当の先生がとても淡白かつ質問するスキがないくらい矢継ぎ早に喋るので、毎回10分程度で診察は終了します。ほかの人が診察室に入ると同じ先生のはずなのに30分も出てこない人がいる。なんでだ?何の話をしたらそうなる?よし、次回は15分は会話しながら診察してもらえるようにしようとムダな目標を立ててみる。採血では今回もスピッツ1本分。針を刺す場所を探って「よし」って言ったのに、針を刺してから「あれ?」と言って刺したままえぐるように血管を探る。あーびっくりした。
次回の検査では術後の判定を出すためにMRIを撮るそうです。どういう結果が出るかも大変心配な所ではあるが、まずは造影剤で筋肉注射を打つ苦い思いがまた来るのかと考えただけでちょっと憂鬱。