読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

今年も経過観察は続きます。

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000326j:plain:left治療をしてから丸3年。当時の今は、抗がん剤副作用の代表である脱毛にビビりまくりの日々でした。が、今は休日のお出かけを楽しみ、子宮も元気で周期どおりの生理もきております。でも、経過観察はまだまだ続く…。てなわけで、今日は3ヶ月ぶりの病院へ。
毎度のことながら、人が多いです(゚д゚)待合室では病院と思えないほどの人混みで賑わっております。付添いの人が一緒の人も多いので、なおさらワイワイやってます。そこで繰り広げられる会話は様々。初診っぽい若い女性は、子宮が温存されるかどうかが心配でならないようなことを言ってます。確かに私もそうだった。そんな人のやや近くにいた老夫婦の会話にぎょっとした。
「どんなに頑張っても、良い病院に行っても、寿命は決まってるんやから、アカン時はアカン」
確かにそうかもしれんけど〜…てか、私もそう思いますけど〜( ̄Д ̄;)まだ老い先長い人がたくさんいるのに、そんなことを言ってしまっては実もフタもありませんがな。(←しかも声がでかい)でもこんなことも言っていた。
「でもな、アカン時こそ良い思いでいたいやん」
そう、それ!イロイロ苦しいことがあっても、最後に痛みなく去っていけるようにしたい、幸せだったなと思っていたい。だから先生にたくさん相談することもあるし、自分で何とかしようと今を踏ん張る。そんな思いがつまったようなこの言葉に重みを感じてしまいました。