読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとごとだと思ってました。~子宮頸がん治療から妊活するぞ日記~

イラスト制作をしているせとゆきこが、本厄の年に子宮頸がんを患っていることが発覚。涙もあるけど笑いも多い治療ライフとその後をご紹介します。

このご時世だから、気になる人もいるようで…

子宮頸がん治療系のお話

f:id:setoyuki62:20131212000337j:plain:left5年目突入!のPET-CT検査に行ってまいりました。年に1回とはいえ検査の流れも把握してきたので、検査室で迷うこともなくなりましたわ。そういう意味では緊張しなくなったものの、食事抜きで挑む検査は、いつ腹が鳴って恥ずかしい思いをしないかと違った緊張が続くものです(゚^ ゚ ;)
とまぁ検査室も見慣れたものですが、最近は原発問題が多く取りざたされているせいもあってか、いつも以上に放射能注意マークがやたらと気になる。こんなに至る所にあったっけ?というくらい目につく。検査室で履くスリッパもマークが入ってるし、トイレでは放射能飛散防止で男性は立って用を足すことはNGだという貼紙とか。放射線治療を受けているわけではないので大げさなものではないけれど、PET-CT検査では多少の放射線を浴びてるわけですよ。1度に浴びた場合の致死量の数百分の1以下だと聞きます。超微量であれば、こうして人に役立つ放射線もある。ただ、扱い方や超最悪の事態を考えておかないとエライことになってしまう。複雑な思いが渦巻く1日でした。